シーラインボディ関連情報

HOME脚痩せしたい人は増えている

最終更新日:2017/09/08

脚痩せしたい人は増えている

綺麗な女性

スラリと伸びた細い脚、女性なら誰だって憧れますよね。そして、そのような部分痩せはハイフで…とお考えの方は多いのではないかと思います。また、最近では、部分痩せをシーラインで行う方が増えていますが、このマシンはハイフに分類されているものの、旧式のハイフとは、マシンの性能や効果の現れ方に違いがあります。もともとハイフは効果的に部分痩せを叶えることができるマシンとして知られていましたが、新型ハイフに分類されるシーラインの効果は、ハイフよりも早く現れやすいという特徴があります。それは、旧式ハイフよりもシーラインのほうが短い時間で超音波を照射するショット数が多いため、皮下脂肪がほぐれるスピードが速いからです。
また、旧式ハイフの効果が現れやすいのは、ガチガチに固まっているセルライトのような頑固な皮下脂肪であるのに対し、シーラインの効果が現れやすいのは、比較的柔らかい皮下脂肪という違いもあります。特に脚の皮下脂肪は、ちょっと油断しているとセルライトとなって固まってしまいますので、脚の部分痩せを希望するのであれば、シーラインよりもの旧式ハイフほうがおすすめできるでしょう。脚についている脂肪がセルライトかどうかわからないという方は、旧式ハイフとシーラインを導入しているエステに相談し、ご自身の身体に合ったマシンで施術を受けてみると良いでしょう。
また、ハイフと比較されやすいのがキャビテーションですが、キャビテーションの場合では、超音波で皮下脂肪を乳化させて対外へ排出させる方法であり、セルライトのように固まってしまった皮下脂肪を除去するまでには多くの施術回数を必要とします。一方で、部分痩せをハイフで行う場合では、高い温度でダイレクトに脂肪細胞にダメージを与えて行く方法であるため、キャビテーションよりも少ない回数の施術で効果を実感できる方が多いというメリットがあります。ただし、ハイフを受けるためには条件があり、皮下脂肪に2~2.5㎝の厚みがない方は、受けることができません。それ以下の厚みの皮下脂肪の方が部分痩せをハイフで行うと、施術中に強い痛みを感じることがあります。
一方で、基準を満たした厚みがある皮下脂肪部分は、ほぼ無痛でハイフを受けることができます。皮下脂肪の厚みが微妙で、ご自身ではどのくらいの皮下脂肪がついているかわからないという方も、ひとまずハイフを導入しているエステに相談し、皮下脂肪の厚みを測ってもらいましょう。皮下脂肪の厚みの条件を満たしていない場合には、ハイフではなくキャビテーションを勧められることがあります。

一覧はこちら

シーラインボディランキング

TOP